Difference

薄毛治療をするにあたり治療法にお悩みの方に向けて「植毛」と「投薬治療」の違いをご説明します。

植⽑か投薬治療かお悩みの⽅へ

薄毛治療は大きく分けて、「投薬治療」と「植毛」の2種類があります。AGA(男性型脱⽑症)は進⾏性なので、早く治療を受けたいところですが、自分にはどの治療を選ぶべきなのか悩んでいる方もいると思います。そこで、このページでは、植⽑と投薬治療の違いについて、それぞれの特徴とメリットを踏まえて解説いたします。薄毛治療の際には、ぜひ、参考にしてみてください。

Features

自毛植毛

発⽑効果を半永久的に
得られる⾃⽑植⽑

自毛植毛は、薄毛になりにくい後頭部や側頭部の毛髪を毛包ごと採取し、移植する方法です。薄毛になりにくい性質を維持したまま定着するので、移植した箇所は半永久的に生え変わり、1度の手術で薄毛を改善することができます。また、自身の毛髪を使っているため過敏反応の心配が少なく、メンテナンスも不要なため安心して治療を受けることができます。けがによって毛髪が生えなくなった部分にも適応可能です。

投薬治療

薄⽑の「予防」「現状維持」が
基本の投薬治療

毛髪を増やす自毛植毛に対して、投薬治療とは「フィナステリド」や「デュタステリド」といった薬・成分を用いてAGA(男性型脱⽑症)の原因物質の生成を抑制し、薄毛の進行を「予防」または「現状維持」する治療法になります。
自毛植毛とは異なり、服用を止めるとその効果は失われるので、毛髪を維持し続けるためには服用を継続しなければなりません。

Comparison

自毛植毛 AGA薬治療
改善できる効果 移植した自毛が生え変わり続ける AGAの予防効果、毛髪の太さの回復効果
改善までの時間 半年~1年 半年~1年
※投薬を続けないと効果は無くなり元に戻る
1回あたりの費用 ¥715,000(税込) / 500株 ¥66,000〜¥132,000(税込) / 年
10年間のトータルコスト ¥715,000(税込)( ※1回の手術費のみ ) ¥660,000〜¥1,320,000(税込)
ケアの手間 特になし 毎日の内服、外用が必要
メリット
  • 1回の手術で効果が出る
  • 気軽に始められる
  • 処方薬なので市販薬より効果が期待できる
デメリット
  • 1回あたりの費用が高い
  • 効果が実感できるまでに半年~1年ほどかかる
  • 自毛がしっかり生えるまで服用が必要
  • 長期契約を結ばされることもある

※ スクロールしてご覧いただけます。

Symptoms

自毛植毛

  • 薄毛が進行している
  • 薄毛を確実に改善したい
  • 髪が無い箇所に生やしたい
  • ナチュラルに仕上げたい
  • 定期的に通院できる⾃信がない

投薬治療

  • 薄毛が気になりはじめた方
  • とりあえず現状をキープしたい
  • 抜け毛を抑えたい
  • 髪にハリやコシを取り戻したい
  • 手軽に初めてみたい

Counseling

ご自身の薄毛の進行度がわからず、どの治療法が良いかお悩みの方、または自毛植毛治療への決心がつかないという方は、まずは無料カウンセリングへお越しください。頭皮や毛髪の状態を診て、最も適した治療法をご提案いたします。また、施術内容や料金についても、ご納得いただくまで詳しくご説明いたします。
無理な勧誘やお引き止めはいたしませんので、お気軽にお越しくださいませ。