AGA
(男性型脱毛症)

男性の脱毛症の中で最も代表的なのが「AGA(男性型脱毛症)」です。
広告などを通じて、一般の方々にも広く知られるようになりましたが、実際にはどのような症状なのか分かっていない人が多いのも現状です。そこで「AGA」について、皮膚科医の立場から解説します。

男性ホルモンを活性させる「酵素」がAGAの主因です。

AGAは「Androgenetic Alopecia(男性ホルモンによる脱毛)」の略なので、AGAの主因は男性ホルモンの働きによるものと思っている人が多いようです。大筋では間違いではないのですが、厳密に言うと男性ホルモンが主因なのではなく、男性ホルモンを活性させる酵素によってホルモンの働きが過剰となり、脱毛が進みます。そのため、「主因」は男性ホルモンというより酵素の方なのです。
男性ホルモンにはいくつかの種類があり、それぞれ生殖器の発達や機能促進、筋肉の増強、体毛の発育促進などの役割を担っています。その中の、毛髪や体毛に関わる「テストステロン」が酵素によって活性され、働き過ぎることによって抜け毛や薄毛の症状が発生します。
つまり、AGAの発症しやすさは男性ホルモンの分泌量が「多い・少ない」ではなく、男性ホルモンの一部因子が「働き過ぎているか否か」によって決まるもの。テストステロンを活性させる酵素は、遺伝子によって産生される量やタイミングが決まるため、「父親がハゲていると息子もハゲやすい」という俗説は、ある程度まで医学的に説明できる事象と言えます。

AGA治療は、まずしっかりと症状と向き合うことが大切です。

治療方針を決定する前に、十分な問診と診察を行い、どういうタイプの脱毛か、その原因は何なのか、症状が顕在化しているのは頭部のどの部分か、どの程度まで進行しているか…などを正確に診なければなりません。
AGAによる脱毛症であると診断がついたら、通常は「プロペシア」や「ザガーロ」を処方する薬物療法を選択しますが、必ずしもそれが第一選択とは限りません。男性ホルモンが働き過ぎていること以外にも脱毛を促進し、毛根が「成長期」に移行するのを抑制している誘因・副因が潜んでいるかもしれないからです。
また、治療期間についても、医師が決めるよりも「患者さんご本人が納得できるまで」という言い方が正確です。内服薬の効果で抜け毛が治まれば良いという方もいる一方で、薄毛部分が目立たなくなるまで毛髪を復活させたいという方もおられますから、それによって期間も治療法の選択肢も変わる場合があります。
内服薬には、多少なりとも副作用のリスクがあるため、場合によっては一時的に薬を止め、様子を見て再開する…といった“長期戦”になるケースもあります。しっかりと症状と向き合い、ご本人がきちんと納得いくまで治療を行うことが、AGA治療で後悔しないために必要な心構えです。