ブログ

2020年10月29日発売の「週刊文春」に親和クリニックの紹介記事が掲載されました!

こんにちは、親和クリニック福岡院です。
昨日の10月29日は「十三夜」でした。
いわゆる中秋の名月といわれる十五夜から1ヶ月後の夜のことを、そう呼ぶそうです。
十三夜の月は9月の中秋の名月に次いで美しいとされていて、「後の月」とも言います。
他にも「栗名月」や「芋名月」といった秋ならではの呼び名で呼ばれることも。

日本語には他にもたくさんの月の呼び名がありますが、どれも素敵ですよね。
こういう時、日本人に生まれて良かったなあと思います(*’▽’)

さて、話は変わりますが、皆さんの中に10月29日発売の週刊文春」をご覧になった方はいらっしゃいますか?
実は今回の週刊文春の中に、親和クリニックの紹介記事が掲載されています。
もし購入なさった方は目に留めてもらえると嬉しいです(*^-^*)

週刊文春2020年11月05号

それでは、今日も記事の中身を少しご紹介します。

親和クリニックでは、医学的なエビデンスを最も重視した治療を提供

AGA治療を専門におこなうクリニックは、親和クリニック以外にも全国にたくさん存在しています。
その中で福岡院をはじめ全国にある親和クリニックでは、日本皮膚科学会のAGA、FAGA診療ガイドラインを参考に正しい医学的根拠に則った治療を提供しています。

安さを売りにしているクリニックの中には、できるだけ費用をおさえるためガイドラインを無視し、科学的効果が実証されていない治療をおこなっているところもあります。
しかしながらそういった治療をおこなうクリニックでは、安さを理由に失敗した場合の保障をおこなっていないところも多いのだとか。
クリニック選びには注意が必要ですね。
実際に、意味もない投薬治療を続けてしまったり、雑な自毛植毛手術で生え際が不自然になってしまったりして
当クリニックにご相談に来る患者様も少なくありません。

1回の金額は安くても、トータルでは変わらなかったり、逆に高くついたりすることもあります。
クリニックを選ぶ際は安さや家からの近さだけでなく、たくさんの症例に触れているか、治療方針は自分に合っているかなどを確認した上で選びましょう。

 

親和クリニックならではの経験と技術によるオーダーメイド治療

また、親和クリニックでは正しいエビデンスでの治療に加え、無料カウンセリングや診察を通して患者様のお悩みやご希望に寄り添い、一人一人に合ったオーダーメイドの治療を提案しております。

患者様の毛髪の生育状況や頭皮環境に加え、患者様ご自身の希望に合わせAGA治療薬を使用した治療と自毛植毛などの外科的手術を柔軟に選択できるのも、たくさんの症例に触れてきた親和クリニックだからできることです。

カウンセラーからドクターまでワンチームで患者様をサポート

親和クリニックが重視するのは、個々の治療技術や知識に加え、チーム力です。
「本当に患者様に満足していただける治療はドクター1人ではなくチームでおこなうものだ」というのが親和クリニックの考え方。
福岡院含め親和クリニックでは、ドクター、カウンセラー全てが一人一人の患者様に寄り添い連携をとることで、チーム一丸となって治療前から治療後のサポートやフォローをおこなっています。
もし今薄毛の悩みをお持ちで受診するか迷っているという方がいらっしゃいましたら、安心してご相談ください(*^^*)

また、当院では無料カウンセリング に加え、無料メール相談 もおこなっていますので、まだ受診するかわからないという方も、ぜひお気軽にご利用ください。