ブログ

薄毛の人こそ夏は帽子が必需品!帽子を選ぶコツと頭皮ケア

こんにちは、親和クリニック福岡院です。

6月も後半に入り、着実にいつもの日常が戻ってきたように感じます。
まだまだ予断は許さない状況はつづきますが、福岡の街は、緊急事態宣言前よりも人通りがにぎやかになってきました。
ただし、札幌など一部の地域で小規模なクラスターなどが起きることも考えると、完全な日常に戻るのはもうしばらくはかかりそうですね。

ところで、今は梅雨ですが、梅雨が明ければ夏本番。
今年も気温が30℃を超える過酷な夏がやってきます。
帽子はそんな夏の暑い日差しから身を守ることができるので、夏の必須アイテムの一つですよね。
とはいえ、薄毛を気にしている方は薄毛の進行を懸念してかぶらない人も多いようです。

そこで今日は、薄毛の人は帽子をかぶらない方がいいのか、薄毛の人が帽子をかぶる場合はどういうことに気を付けたらよいのかということについてお話します。

薄毛の人は帽子をかぶってはいけないの?

“薄毛の人は帽子をかぶるとハゲが進行するからかぶらない方がいい”とよく耳にしますが、これは本当なのでしょうか。

その答えはNO!
薄毛だからと言って帽子をかぶらない方がいい、なんてことはないのです。

帽子をかぶるとハゲが進行すると言われている理由

そもそも帽子をかぶるとハゲが進行すると言われている理由は、帽子を長時間かぶることで頭皮が蒸れて雑菌が繁殖し、炎症が起きるなど、頭皮環境に悪影響を及ぼすためです。
また、サイズが窮屈な帽子をかぶっていると締め付けによって血行不良になり、髪に栄養が行き届かないことがきっかけで薄毛が進行するとも言われています。

これだけ見ると帽子をかぶることはAGAで悩む人にとってデメリットが多く感じますが、逆に言えば、長時間かぶらない、頭を締め付けすぎないよう気を付ければ、ある程度薄毛の進行を抑えることが可能というわけです。

帽子は夏の紫外線から頭皮を守るのにおすすめ

夏の強烈な紫外線は、髪と頭皮の大敵です。
ハゲになるのは嫌だからと帽子をかぶらずにいると、紫外線を直に浴びるため髪と頭皮を痛め、結果として薄毛が進む原因となることも。
逆にUVカットされた帽子をかぶることで、夏の強い紫外線から頭皮を守ることが可能なので、夏は薄毛の人こそ帽子をかぶるごとをおすすめします。

薄毛の人におすすめする帽子の種類と頭皮ケア

夏に帽子をかぶることは薄毛の人にとってもメリットが大きいことをお伝えしてきましたが、ここでは薄毛の人が夏に帽子をかぶる場合、どんな帽子を選ぶべきか、どういうことに気を付けたら良いかご紹介していきます。

帽子はこまめに洗濯、通気性のよいものを選ぼう

夏は屋外にいると1日中ずっとかぶりっぱなしということもあるのではないでしょうか。
長時間帽子をかぶっていると、髪の毛と頭皮の蒸れが原因で帽子に雑菌が入ることも珍しくありません。

そこで、汗をかいたらこまめにタオルで優しくふきとり、毎日欠かさずシャンプーをするようにしましょう。
帽子はこまめに洗濯して清潔を保ち、雑菌が繁殖しないように気をつけてください。
雑菌や臭いを抑えるスプレーをかけるのもおすすめです。
また、夏は汗をかきやすく紫外線が強いため、メッシュなど通気性の良い素材でUVカットされている帽子を選ぶようにしましょう。

熱中症と夏の薄毛を防ぐ方法として、ぜひ実践してみてくださいね(*^-^*)