ブログ

7月9日発売「女性セブン」に親和クリニック水村先生のインタビューが掲載されました!

こんにちは、親和クリニック福岡院です。

7月も今週で後半に入り、だんだん暑い日も多くなってきました。
暑くなってくると家の中でも熱中症を起こすことがありますので、室温調整と水分補給をこまめにおこない熱中症を防止しましょう。

また、マスクによる熱中症も増えています。
感染症予防のため、多くの方がマスクを着用されているかと思いますが、暑い中ずっと着用していると熱中症リスクが高まりますので、人と距離をとれる場所にいる際はマスクを外して水分補給をするなど、こまめに休憩をとることをおすすめします。

さて、7月9日に「女性セブン」にて、親和クリニック新宿院水村奈央先生のインタビュー記事が掲載されましたので、本日は内容を少しご紹介いたします。

女性の薄毛の悩みが急増中!女性の頭皮トラブル最新治療法

今回ご紹介する記事のタイトルは、「女性の頭皮トラブル最新治療」。

現在、世界的な新型コロナウイルス流行の影響で、日本でも緊急事態宣言発令後は会議をオンラインでおこなったり、リモートワークで家にいる機会が増えたりした人も多かったと思います。
これまでの生活ががらりと変わったことで、女性では薄毛の悩みを持つ方が増えつつあります。
薄毛の悩みにも種類があり、髪の毛自体にボリュームが少ないことを悩む人もいれば、前髪の生え際など、髪の生え方が気に入らないなどの理由でAGAクリニックを訪れる女性など、その理由はさまざまです。

「NC-MIRAI法」は周りの人に気づかれず自然に仕上がる究極の植毛法

親和クリニックが開発し施術をおこなっている「NC-MIRAI法」は、自分の健康の髪の毛を細胞ごと移植する自毛植毛の施術法の一つですが、この「NC-MIRAI法」が“究極の植毛法”として、美容にこだわる女性たちの間で今注目を集めています。
通常、自毛植毛は薄くなってきた部分に健康な髪の毛を移植してふさふさな髪の毛を取り戻したいという目的でおこなう患者さんが多いイメージだと思いますが、当クリニックはそれ以外を目的とする患者さんも多いという特徴があります。

たとえば、当クリニックに訪れる女性の中には、髪の毛の量が単純に少ないからという方でなく、「おでこが広い」、「角ばっていて女性らしくない」など、実にさまざま。
親和クリニックの「NC-MIRAI法」には、このような多様なご要望に応じて柔軟に対応し自然な仕上がりを実現することが可能な上、多くのクリニックで必要な後頭部の髪の毛の刈り上げをせず施術翌日には日常生活に戻れるというメリットも。
周りに手術をしたことがばれにくいというところも、女性に人気のある理由になっているようです。

また、親和クリニックのNC-MIRAI法で移植した髪の毛の生着率はなんと90%以上。
この生着率の高さも多くの方にご利用いただいている所以だと思います。

手作業で1本1本埋め込む自毛植毛は、経験に加え、技術力の高さも重要です。
その点、親和クリニックの自毛植毛の仕上がりの自然さや定着力の高さは、医師の技術が高いことを証明しているといえるでしょう。

さて、今日は親和クリニック水村先生のインタビュー記事の内容についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。
ご興味がある方は、ぜひ記事が掲載されている「女性セブン」をご覧ください!
7月9日発売「女性セブン」に親和クリニック水村先生のインタビューが掲載されました!
掲載雑誌 女性セブン 7月23日号

親和クリニックは女性も気軽に受診できるクリニックですので、ぜひ髪の毛や髪の生え方について悩みをお持ちの方は、無料カウンセリングへお越しください。
親和クリニック福岡院 無料カウンセリング予約