Staff Blog

親和クリニックのスタッフブログをお知らせいたします。

自毛植毛で生まれつき広いおでこを狭くすることはできる?

こんにちは、親和クリニック福岡院です。
5月も終盤を迎え、今年は一足早く梅雨がやってきました。
じめじめした梅雨の季節は頭皮に雑菌が増えやすくなりますので、濡れた髪の毛を放置しないように気を付けましょう。

ところで、話は変わりますが当院では、「生まれつき広いおでこを自毛植毛でなんとかできないか」というご相談を受けることがあります。
そこで今日は、おでこの自毛植毛についてお話ししいたします。

広いおでこは薄毛に見える?

額の形は、生まれつき一人一人異なります。
ただ、おでこが広くても狭くても、それぞれメリット・デメリットがあります。

とはいえ、広いおでこの人は周りから薄毛だと思われやすい、顏が大きく見えるなどのデメリットがあるため、コンプレックスを抱えやすいようですね。
女性の場合は前髪を作ることでカバーできるのですが、男性の場合は身だしなみの関係で髪を上げざるを得ない人が多いため、よりコンプレックスに感じやすい傾向にあると言えます。

前髪を上げるとおでこが広いのが目立ちますからね…無理もないと思います。
実際にハゲているわけではないのにハゲてると思われるのは、悲しいですよね。
広いおでこの悩みは、はたして解決することができるのでしょうか。

自毛植毛なら生まれつきのおでこを狭くすることが可能

おでこを狭くする方法は、おでこの整形手術、もしくは自毛植毛で可能です。
ただし整形手術は日本でおこなうことができず、おでこの皮膚を切り取る必要があることから、生え際に傷が残ってしまいます。
前髪を上げなければならない男性にとっては、傷跡でばれてしまうため整形は不向きと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、自毛植毛。
おでこを狭くするためには、何も髪が生えていない場所に髪の毛を移植する必要があります。
そこで、自分の髪の毛を使って移植する自毛植毛であれば、拒否反応もなくおでこの植毛が可能な上、生着率も高いものとなります。
その上、自毛植毛をおこなった場所は移植元の性質を受け継ぐため、一度手術をおこなえばメンテナンスなしで半永久的に髪の毛を維持することが可能。
費用対効果を考えると、自毛植毛はメリットが大きい対策法だと言えるでしょう。

おでこへの自毛植毛は技術力の高いクリニックでの手術がおすすめ

自毛植毛手術は採取した毛根の移植スピードが遅くなるにつれ生着率が下がっていきます。
移植後の発毛につなげるためには、できるだけスピーディーかつ正確な移植技術が必要です。
また、おでこへの自毛植毛は、生え際のラインの微妙な調整などが難しいため、高い技術があることはもちろん、いろいろな症例の経験がある医師がいるクリニックにて手術を受けることをおすすめします。

親和クリニック福岡院には数多くの患者様の自毛植毛手術を経験し、技術力にも定評がある医師が在籍していますので、安心してご相談いただけます。
薄毛治療・自毛植毛の悩みは親和クリニックの無料カウンセリング または無料メール相談 をぜひご利用ください(*^^*)