ブログ

親和クリニック総院長のインタビューが『BEST TiMES』に掲載されました!

こんにちは、親和クリニック福岡院です。
12月になったものの、なんだか今週は暖かい日が続くみたいで日中に外を歩いていたら、コートにマフラーだとちょっと暑いくらいでした。
もしかして今年の冬は暖かいのか?と思って調べてみたところ、やはり今年は全国的に暖冬なのだとか。
冬の寒さが苦手なので、少しほっとしました(*^-^*)

ところで先週の12月5日、当クリニックの音田総院長のインタビュー記事が『BEST TiMES』にて掲載されましたが、ご覧になった方はいらっしゃいますか?
私は一足先に読みましたが、薄毛に悩んでいる方、特に自毛植毛をしようか悩んでいる方にぜひ読んでいただきたい内容だと思いました。
記事のさわりの部分をご紹介しますので、ご興味がある方は是非最後までお読みください。

錯綜する情報に悩む薄毛難民がたどり着くのは「自毛植毛」というゴール

今の世の中って、ネットを開けば薄毛治療の情報がいくらでも出てくるくらい、情報に溢れています。
しかしながら、現在はその情報の多さが裏目に出て、どの薄毛治療法を選べばいいのか的確な判断ができなくなっている人達、つまり薄毛難民が増えているのだとか。
薄毛治療をおこなう人の中には、次から次に効果のない治療を長く続けて時間とお金を無駄にしてしまう人が増加しているのだそうです。
記事の中ではそのような情報に翻弄される薄毛難民が最終的にたどり着くのは「自毛植毛」であること、しかしながら自毛植毛という手術に対して抱きがちな敷居の高さから敬遠し楽な治療を選んで後で後悔する人の多いことについて音田総院長が話しています。
また、顧客ファーストから生まれたメスを使わない自毛植毛(MIRAI法)についてもご紹介しています。

いかがでしょうか?
記事の全文は下記にインタビュー記事のリンクを貼っていますので、ぜひこちらをご覧ください(*^^*)

情報があふれる薄毛治療において何が正解なのか?「自毛植毛」最前線の医師に聞く(BEST TIMES 2019年12月5日掲載)