Staff Blog

親和クリニックのスタッフブログをお知らせいたします。

秋は抜け毛が増える季節!この時期やっておきたい薄毛予防は?

こんにちは、親和クリニック福岡院です。
今年は猛暑が少なく、9月上旬だというのに涼しい日が続いていますね。
来週はまた少し気温が上がりそうで、気候が落ち着くまでまだしばらくかかりそうです。

このように気温がめまぐるしく変化する季節の変わり目、特に秋は「抜け毛」が増えることをご存じでしょうか。

そこで今日は、秋に抜け毛が増える理由とこの時期やっておきたい薄毛対策についてお話しします。

秋に抜け毛が増える理由はヘアサイクルの乱れにあり!

私たちの髪の毛が1日に抜ける量は、通常50~100本程度です。
でも、秋になると100~200本、多くなると200~300本抜ける人もいるのだとか。

なぜ秋に抜け毛が増えるのか、その理由は毛髪が育つ仕組み、つまりヘアサイクルにあります。

私たちの髪の毛は、成長期になると男性では2~5年、女性では4~6年程かけて発毛した毛髪が太くしっかりとした髪の毛に成長していきます。
そして退行期に入ると髪が自然に抜け落ち、毛根が活動を停止する休止期に移行します。

このように、ヘアサイクルは3つの期間に分かれ、繰り返されていきます。

しかしながら、夏の間に強い紫外線をたっぷり浴びた髪の毛は、頭皮環境を悪化。
夏に受けた頭皮ダメージは、日差しが落ち着いた秋になってヘアサイクルの乱れを引き起こします。

ヘアサイクルの周期が乱れた毛髪は成長期に十分成長しないまま退行期に入ってしまうため、まだ柔らかい産毛の状態で成長が止まり、抜け落ちてしまいます。

結果、細く柔らかいすぐ抜けてしまうような毛髪しか生えなくなり、薄毛が進行してしまうというわけですね。

ヘアサイクルの乱れはホルモンバランスの乱れでも起きる

ヘアサイクルの乱れは、夏に受けた頭皮ダメージも要因の一つですが、ホルモンバランスの乱れでも引き起こされます。

季節の変わり目である秋はホルモンバランスが乱れやすい時期でもあり、夏の紫外線ダメージも加わり頭皮への負荷は相当なもの。
「秋は春の3倍抜け毛が多い」といわれるのも納得です。

今からできる秋の抜け毛対策

夏のダメージはできれば夏の間にケアするのが一番ですが、今からでも遅くはありません。
以下の3つを意識して生活をおこない、少しでも抜け毛を予防しましょう。

・正しいシャンプーをおこなう
・適度な運動をする
・アミノ酸・ミネラルを多く含む食事を摂る

正しいシャンプーをおこなう

夏に受けた紫外線ダメージは頭皮環境の悪化を招きます。
適切なシャンプーで皮脂を落とし、毛穴の詰まりを改善することで頭皮環境を健康へと導くことが可能です。

正しいシャンプー方法については、以前ブログにてお話ししましたので参考にしてみてくださいね!

薄毛の原因はシャンプーの可能性あり?正しい髪の洗い方とは

適度な運動をする

適切なシャンプーで頭皮環境を改善した後は、適度な運動で血行をUPし頭皮に栄養を行きわたらせられるようにしましょう。

おすすめは1日30分以上の有酸素運動です。
ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳など無理のない範囲でできるだけ毎日続けましょう。

アミノ酸・ミネラルを多く含む食事を摂る

3つ目は何といっても食事です!
髪の毛の約95%以上を構成するタンパク質の元となるアミノ酸や、髪の成長にかかわるミネラル(特に亜鉛)を積極的に摂るように心がけましょう。

アミノ酸は肉や魚、卵などに、亜鉛は牡蠣やレバー、納豆、ナッツ類などに多く含まれています。

すでに薄毛の進行が気になる場合はAGA専門クリニックの受診がおすすめ

まだ薄毛の症状があまり見られない場合は、今挙げた3つの抜け毛対策が効果的ですが、すでに薄毛が進行している場合は自力での抜け毛対策では改善が難しいため、できるだけ早めに当クリニックのようなAGA専門クリニックを受診することをおすすめします。

親和クリニック福岡院では無料カウンセリング に加え、無料メール相談 も承っておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。