Staff Blog

親和クリニックのスタッフブログをお知らせいたします。

禁酒で抜け毛を予防できる?薄毛とアルコールの関係をチェック

こんにちは、親和クリニック福岡院です。

皆さんは普段どのくらいお酒を飲みますか?
毎日缶ビールや日本酒をかかさず飲む人もいれば、週に2日程度の頻度で飲む人や、全く飲まない人など、アルコール摂取の頻度は人によって違いますよね(*’ω’*)

ところで、アルコールの摂取は薄毛に影響があるとよくネット上で言われています。
そこで今日は、お酒を飲むと髪や頭皮にどんな影響があるのか、また、逆に禁酒すると抜け毛を予防することができるのかということについてお話します。

お酒の飲みすぎが髪や頭皮に与える影響

お酒は百薬の長と呼ばれ、適度な量を飲むとストレス解消や血液の循環の改善など、体に良いとされています。
一方で万病の元とも呼ばれ、飲みすぎると生活習慣病や臓器への悪影響など、健康を害することでもよく知られていますよね。

そしてまた、お酒の飲みすぎは体の健康を害するだけでなく、髪の毛にも影響を及ぼします。アルコールに含まれているアセトアルデヒドという物質が、髪の毛や頭皮環境に影響を及ぼす原因となります。

アルコール摂取量が多いとアセドアルデヒドの分解が追い付かない

アセドアルデヒドは、アルコールを摂取すると体内に取り込まれます。
すると、頭痛や吐き気、動悸などの症状が現れることも。

よくある二日酔いの頭の痛さや吐き気は、このアセドアルデヒドが原因と言われています。

また、アセドアルデヒドには血液中の酸素や栄養を頭皮や毛髪に送るのを阻害する性質があります。
それを分解し無害にする役割を担うのが肝臓ですが、お酒を大量に飲むと処理しきれなくなってしまい、アセドアルデヒドが体内に残ってしまうそうです。
そして、体内に残ったアセドアルデヒドにより栄養が届かないため頭皮環境が悪化、薄毛の進行につながるというわけです。

禁酒をすると薄毛は予防できる?

前述したように、お酒を飲みすぎると肝臓がアセドアルデヒドを分解しきれず宇薄毛の進行につながる可能性があります。

薄毛の原因を作るアセドアルデヒドは、お酒を飲まなければ体内に取り込まずにすむため、禁酒は薄毛予防に効果的だと言えそうです。

また、お酒を飲むとついつい塩分の多い枝豆や唐揚げなどのおつまみや、〆にラーメンなどの脂質が多く高カロリーの食べ物に手が伸びがちなので、頭皮環境の悪化に拍車をかける可能性があります。
お酒を飲まないことで食事の乱れも回避できるので、一石二鳥と言えるでしょう。

禁酒がストレスになる場合は無理にお酒をやめなくてもOK

薄毛を予防するために禁酒は効果的だとお伝えしましたが、もし禁酒することでストレスになる場合は、完全にお酒をやめない方がかえって薄毛予防になることもあります。

なぜかというと、ストレスをためることも薄毛の原因の一つであるからです。
ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れ、薄毛の進行が進む可能性があります。

ストレス解消程度に適量飲むくらいなら、アルコールを摂取しても問題ないでしょう。
ただし注意してほしいのは、自分の思う適量と実際の適量は必ずしも一致するわけではないことです。

摂取が推奨される純アルコールの量は1日約20g程度と決まっているため、どんなにお酒が強い人でもアルコール度数5%のビールなら中瓶1本、アルコール度数15%の日本酒なら1合、12%のワインならグラス2杯程度に留めておきましょう。

週に1日~2日は休肝日をもうけて肝臓への負担軽減を

また、毎日アルコールを摂取するのは肝臓に負担がかかってしまうのに加え、ヘアサイクルの乱れから脱毛の促進につながるため避け、週に1~2日は休肝日を設けるようにしましょう。
すでに生え際の後退が気になる、抜け毛が増えた気がするなど、薄毛の兆候が見られる場合は、お酒を控えるのに加え、早めにAGA専門クリニックの受診をおすすめします。

当クリニックでは薄毛のお悩みのある方に対し年中無休で無料カウンセリング をおこなっておりますので、まずはお気軽にお問合せくださいませ。