診療案内

Staff Blog

親和クリニックのスタッフブログをお知らせいたします。

AGA治療で血液検査を行うのはなぜ?理由や結果でわかることを解説

こんにちは、親和クリニック福岡院です。

当院もそうですが、多くのAGAクリニックではAGA治療を始める前には必ず患者のみなさんに血液検査をお願いしています。

「血液検査苦手だからやりたくないな」

中には血液検査が苦手で、上記のようにできればやりたくない方もいらっしゃるかと思います。
ではなぜAGA治療の前に血液検査が必要なのか、その理由や検査の結果でわかることを解説していきます。

AGA治療の前に血液検査が必要な理由

AGA治療の前になぜ血液検査が必要かというと、それには2つの理由があります。
一つは、治療薬を使用しても大丈夫かいいか明らかにするため。
そして二つ目の理由は、AGA治療以外に薄毛の原因があるか調べるためです。

血液検査を行わずにAGA治療薬を使い始めると思わぬ副作用が起きたり、半年経っても効果を感じられなかったりすることがあります。

効果のない治療を続けるほど、無駄なものはないですよね。
貴重な時間もお金も、効果のないものにつぎ込む必要はありません。

また、AGA治療薬の副作用は基本的に軽いものがほとんどですが、中には肝機能障害などの重い副作用が起きることも。
そのため、事前の血液検査が非常に重要なのです。

AGA治療前の血液検査でわかること

AGA治療前の血液検査についての質問で聞かれるのが、

「血液検査でAGAかどうかわかるのか」

というものです。

しかし、実際に血液検査でAGAを判断しているわけではありません。

では何を判断しているかというと、以下の4つです。

  • AGA治療薬を使用してもいいか
  • AGA以外の薄毛の原因があるか
  • AGA治療薬の効果が出やすい体質か
  • AGAの遺伝要素があるか

それぞれ説明していきます。

AGA治療薬を使用してもいいか

まず血液検査を行うと、AGA治療薬を使用してもいいかを判断することができます。
というのも、AGA治療薬で使用されるプロペシアやデュタステリド、ミノキシジルには発毛や薄毛の進行を抑える効果がある一方で、副作用が出る場合があるからです。

たとえばプロペシアでは、発毛効果が認められる一方で、性欲減退や勃起機能不全といった男性機能の低下の他、重篤な副作用として肝機能障害が起こるリスクがあります。

そのため、血液検査で肝臓の数値が悪い場合はAGA治療薬の使用をお断りする可能性があります。

AGA以外の薄毛の原因があるか

血液検査では、AGA以外の要因での薄毛の可能性はあるかを調べることができます。
AGA治療で使われる治療薬はAGA以外には効果がないため、血液検査を行うことは非常に重要です。

AGA以外の薄毛と言ってもピンとこない方もいるかもしれませんね。

たとえば、鉄欠乏性貧血による脱毛症。
ヘモグロビンの値が成人男性基準である13g/dl以下を下回る12g/dl未満、
MCVが基準値より低い60-70flだった場合は、鉄欠乏性貧血が原因での薄毛の可能性があります。

また、甲状腺ホルモン異常によって脱毛症が起こることも。
以下に当てはまる場合は、甲状腺ホルモン異常が原因での薄毛の可能性があります。

  • 甲状腺刺激ホルモン(TSH) 0.35~4.94(μU/ml)
  • T4            4.87~11.70(μg/dl)
  • 遊離型(free)T4       0.70~1.48(ng/dl)
  • T3            0.58~1.59(ng/ml)
  • 遊離型(free)T3      1.71~3.71(pg/ml)

このように、AGA治療の前に血液検査をおこなうことでAGA以外の薄毛原因があるか明らかにできます。
効果のない治療はお金と時間の無駄になるので、行わないようにしましょう。

AGA治療薬の効果が出やすい体質か

AGA治療前の血液検査では、出た数値を通して治療薬の効果が出やすい体質かどうかを調べることができます。

たとえば、肝機能の代謝もその一つ。
血液検査の数値で肝機能の代謝が良い場合、AGA治療薬が効きやすい体質だと判断できます。

このように、血液検査は出た結果のさまざまな数値を分析しAGA治療薬の効果予測を行うことができるので、とても重要なのです。

AGAの遺伝要素があるか

AGAは加齢だけでなく、遺伝的要素が大きい疾患の一つです。
血液検査は遺伝子を調べることができるので、AGAを発症しやすい体質かどうかを判断することができます。

もちろんこの検査だけでAGAとは判断できませんが、AGAになりやすい体質かどうかは判断することができるので、非常に重要な検査だと言えるでしょう。

AGA治療前は必ず血液検査を!

今日は、AGA治療前に血液検査を行う理由と検査でわかることを解説しました。

重篤な副作用を回避する、AGA治療の効果を予測して効果があるかを判断するためにも治療前に血液検査をしっかり行いましょう。

親和クリニック福岡院でも、AGA治療前にはクリニックで血液検査を実施しております。
AGAかどうかわからないけど薄毛が気になる方は、ぜひ一度当院の無料カウンセリングをご利用ください。