植毛とは
皮膚科専門医から
見た自毛植毛

薄毛と言っても、その要因や症状はとても多様で複雑です。症状を見極めたのち、薬や自毛植毛など最適な治療法が何かについて考えなければなりません。しかしながら、世間には薄毛に関する情報が溢れており、なかには医学的根拠のない間違ったものまであるため注意が必要です。このコラムでは、薄毛の要因・症状に関する医学的な知識、また「薬」「自毛植毛」「人口毛植毛」それぞれの治療法のメリット・デメリットを福岡院院長が皮膚科医の観点から徹底解説します。

皮膚科医の私が皮膚科医の観点から薄毛についての基礎知識からガイドラインまで徹底解説をします。

薄毛についての要因は男性・女性で違います

薄毛、つまり「脱毛症」は男性・女性ともに起こる症状ではありますが、その要因は男女のホルモンや心理の違いによって異なります。

薄毛と言っても症状は多種多様

代表的な症状として「AGA(男性型脱毛症)」が挙げられますが、それ以外にも多種多様の薄毛の症状があります。まずは症状の正確な見極めと、それぞれに適した改善策を考えるのが重要です。

医師の立場として認める対策とは

世の中にはさまざまな薄毛対策があります。その中でも「薬治療」「自毛植毛」「人工毛植毛」についてご紹介します。
私の場合は皮膚科専門医の立場から、患者さんの原因と症状に合わせた独自の施術を用いるようにしています。

薄毛対策には様々な方法がありますが、その中でも「薬」「自毛植毛」「人工毛植毛」のメリット・デメリットについて解説します。

「薬」の治療は症状に合わせて治療することが可能です。

「AGA(男性型脱毛症)」や「女性型脱毛症」などの症状や脱毛状況によって、薬の種類も変わります。また、薬を使用することのメリットや副作用などのデメリットについて解説致します。

「自毛植毛」は老若男女を問わずに受けられる治療法です。

後頭部などAGAの影響を受けにくい箇所から、毛穴ごと植毛する方法です。
親和クリニックの自毛植毛には「MIRAI法」や「NC-MIRAI法」などがあります。男性だけでなく女性にも施術できる点、高齢の方でも安全に受けられる点が自毛植毛治療のアドバンテージです。

「人工毛植毛」は人工的につくられた毛を植毛する方法です。

人工毛植毛は理想の髪型にすることが可能です。
自毛植毛と違い、一度植えた毛が伸びたり新しく生えて来たりすることがないため、定期的なメンテナンスが必要になります。

「自毛植毛」した髪の寿命は健康な髪と変わりません。

自毛植毛で一度定着した毛髪は健康な髪と同様に生え変わり続けるので、薄毛の根治療法とされています。
また、術後の経過や自毛植毛した髪の寿命を延ばすためにできるアフターケアなどについて解説致します。

「自毛植毛」と言っても術式は様々です。

自毛植毛は、術式に様々な種類が存在します。
それぞれ仕上がりも異なってくるため、施術方法の特徴やメリット・デメリットについて解説致します。

「自毛植毛」の費用はどれくらいかかるのか

自毛植毛は患者さんの状態やご希望に応じて移植本数やデザインを提案するため、費用は患者さんごとに異なります。
。また、基本的に1度の治療で終わるため、長期間に渡って高い治療費がかかるということもありません。