Staff Blog

親和クリニックのスタッフブログをお知らせいたします。

Yahoo!ニュースに音田総院長のインタビュー記事が掲載されました!

こんにちは、親和クリニック福岡院です。
明日から4月、いよいよ新年度のスタート。
2020年度はコロナウイルスの影響で生活ががらりと一変し、当たり前だったことができなくなることの多い1年でした。
2021年度もしばらくは影響が続きそうですが、ワクチン接種が始まり少しずつ元の生活に戻れるといいなと思います。

ところで本日、Yahoo!ニュースにて音田総院長のインタビュー記事が掲載されましたので、少し内容をご紹介いたします(*^-^*)

女性の間で美容目的の自毛植毛がブームに

今回の記事のタイトルは、『自毛植毛|【治療も美容も】理想のヘアラインを求めて自毛植毛を選ぶ女性たち』。

コロナ禍において、リモート映えを意識した自毛植毛手術を希望する患者さまが増えているということを以前お話したかと思います。
リモートワークが主体となっている企業に勤める人は分かると思いますが、オンラインミーティングは鼻から上がはっきりと映ることが多く、髪の生え際のラインが良く分かります。
女性は特に人からどう見られるかということに敏感ということもあり、薄毛治療ではなく美容目的で自毛植毛手術を受ける人が増えているのだとか。

ちなみに当院においてコロナ禍の昨年下半期に親和クリニックを受診された女性の患者さまの数は、前年比と比べ25%も増加しており、美容目的の自毛植毛はもはやブームになりつつあると言っても過言ではありません。

マイナスをゼロに戻す技術からプラスに転じる技術へ

今まで自毛植毛手術というのは、薄毛で失われてしまった髪を自毛植毛によって健康的な髪の毛を取り戻すために行うのが目的とされてきました。
これはいわばマイナスをゼロに戻す技術と言えます。

対して今女性たちの間で注目されているのは、マイナスをゼロに戻す技術ではなく、ゼロをプラスにする技術です。
その中でも人気なのが、今女性の間で行う人が増えている、髪の生え際を整えるヘアライン矯正。
取り扱うクリニックも増えてきたことで、昔よりも理想のヘアラインを整えやすくなったと言えます。

ただし、ヘアライン矯正は高度な技術を要する手術のため、自然な仕上がりをかなえるためには経験豊富で技術力の高いクリニックを選ぶようにすることをおすすめします。

自毛植毛がもたらすポジティブマインド

人は自分にコンプレックスになるものがあると、どうしても積極的になれないものです。
実際、親和クリニックを受診された女性の中には「おでこが広い」など、外見にコンプレックスを抱える人が多い傾向にありました。
そこで親和クリニックにて自毛植毛手術を利用したヘアライン矯正を行ったところ、コンプレックスが解消し外見に自信が出て前向きな考え方ができるようになったという人が増加したのだとか。
良い傾向ですね(*^-^*)

エステや美容整形と同様に、ヘアラインのコンプレックスも治せる時代に突入しました。
親和クリニックでは、周りの人にばれにくく自然な仕上がりを実現する高度な自毛植毛手術をおこなっております。
もし今あなたが生え際のヘアラインにコンプレックスを抱えているのなら、ぜひ親和クリニック福岡院にお任せください(*^-^*)

本日ご紹介した音田総院長のインタビュー記事について詳しく知りたい方は下記からお読みください。

Yahoo!ニュース-自毛植毛|【治療も美容も】理想のヘアラインを求めて自毛植毛を選ぶ女性たち